top of page
  • 執筆者の写真院長 早川

高血圧ってどうしたら良いの?

みなさん こんにちは(^^)



院長の早川祐平です。



前回のブログで高血圧についてお話させて頂いたところ、お客様から実際にどうすれば良いのですか?って質問を受けました。

答えは、もちろんその方個人には返答させて頂きました。

大変満足されておられました。

ご自身の高血圧の原因も把握でき、幸いに主治医も良心的な方で良いコミュニケーションがとれており、私のアドバイスや指示も加えて頂きながら高血圧の原因を治療していく様です。


ここにチームアプローチの素晴らしさが発揮されます。

さて、何が言いたいかと言いますと、個人個人でアプローチの仕方は違うということです。

当然ですよね。

10人いれば10通りの体があり、10通りの血圧が上がる原因があるからです。

しかし、ここではそれではつまらないですので、高血圧の方に知っておいて頂きたいことをお話させて頂きますね。

まず、適度に体を温める必要があるということ。

よほどの高血圧の場合は加減が必要ですが、私が今まで数え切れないほどのタイプの高血圧の人を診てきた結果、温めるということは本来の血圧を取り戻すためには絶対に必要なことです。

それが人によっては手になるか足になるか、体全体が良いのか、また冬にすべきか年間通してすべきか、食べ物飲み物で冷えたもの、冷えるものは取り入れていないかなど、部分的にでも「冷え」を感じさせないように努めることが大切です。

ここで注意したいのが、のぼせ過ぎるまでサウナや湯に入るとか、そういった乱暴な温め方をいっているわけではありませんのでご注意を。

次に、水分の過剰摂取も血圧上昇の一因となります

水分は当然必要不可欠なものです。

しかし、個人の必要量に合った量以上を摂取してしまうと、体内の血液量を多くしてしまい、結果心臓に負担がかかってしまい血圧が上昇してしまいます。

そして先ほどと同様に、増えた血液量によって体を冷やしてしまいますので、老廃物を燃焼したり、エネルギーを効率よく生産したりできなくなって血液がどんどん汚れてしまいます。


必要なことは、適切な水分量(これは個人によって必要量は異なります)の摂取と排尿を我慢せずにすることを心懸けること。

そして、下半身の筋肉量を増やすことです。


加齢とともに高血圧の人が増えていくのは理由があります。

それは、下半身の筋肉が衰えてしまって、上半身に血流が集まっていくからです。

この集まった血液が脳や心臓に負担を掛けて病気になります。

つまり、高血圧の人は軽いウォーキングや下半身の運動を行って、下半身の筋肉を使い血液を下半身にもしっかりおろしていくのが良いのです。

下半身をしっかり動かして働かせれば、心臓の負担が軽くなり、血圧も安定してきます。

私が高血圧の方に必ず行うのが、下半身の筋肉と毛細血管が増えるように促す働きかけです。


是非、みなさんも積極的に下半身を動かしましょう。



みなさんの健康と幸せを願って☆彡



大阪府 摂津市 千里丘 心寄整体院 院長早川より


ーーーーーーーーーーーーーーー


本日もブログをご覧頂き、本当にありがとうございました。


感謝致します。


≪身体を自然な状態へと癒す≫




心寄整体院へお気軽にご相談下さい。


ご縁があってここまで辿り着いた方へ。


どうか、当院へ連絡するのをためらわないで下さい。


私があなたのつらい症状を癒してみせます。


あなたを施術させて頂けるなら、それほど光栄なことはありません。

ーーーーーーーーーーーーーーー



【お問い合わせ】




連絡先:TEL 070-1764-8108




アドレス:koyori1188@gmail.com



ーーーーーーーーーーーーーーー



当ブログは、当院へご来院のお客様へ向けて、健康に約立つ情報をお届けさせて頂いております(^o^)/




これからも宜しくお願いします!




※当ブログのエクササイズ、食事法などの結果には個人差があります。また、現在重度の痛みやシビレがある場合、まずは医療機関での精査が最優先です。

閲覧数:39回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


Post: Blog2_Post
bottom of page