top of page
  • 執筆者の写真院長 早川

脂って必要なの?

みなさん こんにちは(^^)



院長の早川祐平です。




みなさん大好きお肉や乳製品などなど。



好き放題に食べてきた結果



動物性脂肪の摂り過ぎでコレステロール値が気になっていますよね?



中には、医療機関で高脂血症と診断されている方もいらっしゃることでしょう。



高脂血症とは、血液の中に溶けている脂質が異常に多い状態のことをいいます。



診断基準とされている数値として簡単に記すと



・総コレステロール値 220mg/cl以上

・HDL(善玉)コレステロール値 40mg/cl未満

・LDL(悪玉)コレステロール値 140mg/cl以上

・中性脂肪値(トリグリセライド) 150mg/cl以上



となっております。



原因は、過剰に摂取し過ぎた動物性脂肪が、運動不足や冷えによって燃焼しきれずに体内に残り、それらが溜まって血液を汚してしまうから。



コレステロールが溜まってくると、血管の内側に脂質が付着し、血管が狭くなり動脈の壁が硬く厚くなってしまいます。



高脂血症というだけでは、ほとんどの人に自覚症状はありません。



しかし、狭くて硬くなった血管はそのうち詰まってしまいます。



脳梗塞や心筋梗塞といった大病の引き金となってしまうのです。



また、痩せ型の人でもコレステロール値が異常に高い人がいます。



これまでの話だと、なんとなく食べ過ぎている肥満体型の人が高脂血症だと思いがちです。



それだけではないのです。



実は「冷え」も原因の一つ。



コレステロールは脂肪ですので、低体温であったり、水分の摂り過ぎで体が冷えるとコレステロールや脂肪、さらに糖分は燃焼しません。



体に合った水分摂取が行えていないと、逆に体を冷やしてしまうこともあるので要注意です。



食事で脂肪や糖分を控えていれば良いってわけではないのです。



当院に来られるお客様の中には、健康に良いからといって水分を摂り過ぎてしまっていることで体を冷やし、逆に不健康を作り出してしまっている方も多いです。



もちろん、アルコールの過剰摂取はその最たるもので論外ですよ(笑)



さて、ここまでコレステロールは悪の根源みたいに話してきました。



しかし、悪玉といわれているコレステロールですが、実は体の中ではとっても重要な役割も無限大に果たしているのです。



例えば・・・・・・



☑ホルモンや胆汁酸の材料になって消化に役立っている


☑細胞膜の成分である


☑体力を表す一つの指標にもなっている


☑ストレスに抵抗してくれている反応の一つ



などなど。



挙げればきりがないほどに人体にとって大役なのです。



中でも、ストレスの防御反応としてコレステロール値が上がってくるというところがポイントです。



ある興味深い研究報告があります。



それは、コレステロール値の高い消防士ほど責任感が強く社交性があって優秀だという驚くべき研究結果。



また逆に、コレステロール値が低いと反抗的になったり、暴力的になったりと情緒不安定になりやすい傾向があるようです。



これらの結果からわかるように、コレステロール値が単に高いからといって、安易に薬で無理矢理下げたとしたらどうなるのでしょうか。



実は、急なコレステロール値の減少は、ストレスに弱くなり、抵抗力や免疫力が大幅に下がってしまうことがわかっているのです。



別の研究報告では、コレステロール値が高いほうが長生きであるという結果もあるくらいです。



けれど、健康寿命には様々な要因が絡んできますので、一概にこの側面だけで話はできないと私は捉えております。



では、どうすれば良いのか。



まず、軽い運動や入浴などを定期的に行うことで体を温めること。



そして、日々の食事で体を冷やしてしまう飲食はなるべく避けること。



水分摂取は適切な量にすること。



具体的に摂取すれば良いものは、人それぞれ違いますのでここではお伝えできませんが、気になる方は心寄整体院へご来院くださいね(^_-)



みなさんの健康と幸せを願って☆彡



大阪府 摂津市 千里丘 心寄整体院 院長早川より


ーーーーーーーーーーーーーーー


本日もブログをご覧頂き、本当にありがとうございました。


感謝致します。



≪身体を自然な状態へと癒す≫



心寄整体院へお気軽にご相談下さい。


ご縁があってここまで辿り着いた方へ。


どうか、当院へ連絡するのをためらわないで下さい。


私があなたのつらい症状を癒してみせます。


あなたを施術させて頂けるなら、それほど光栄なことはありません。



ーーーーーーーーーーーーーーー



【お問い合わせ】




連絡先:TEL 070-1764-8108




アドレス:koyori1188@gmail.com




ーーーーーーーーーーーーーーー






当ブログは、当院へご来院のお客様へ向けて、健康に約立つ情報をお届けさせて頂いております(^o^)/




これからも宜しくお願いします!




※当ブログのエクササイズ等の結果には個人差があります。また、現在重度の痛みやシビレがある場合、まずは医療機関での精査が最優先です。

閲覧数:39回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Kommentare


Post: Blog2_Post
bottom of page