• 院長 早川

発熱、下痢、痛み等々、症状が表す本当の意味


みなさん こんにちは(^^)



心寄整体院の早川祐平です。





私の著書も下記からぜひチェックして下さい(^_-)



肩こり、ひざの痛みはお尻ぐるぐるで消える!


https://amzn.to/36Bv7tn










病気になると、発熱、下痢、痛み、鼻水、咳、などなど……



様々な症状が現れます。



どれも辛いですよね(>_<)



しかし、これらの辛い症状こそ、病気を本当に癒すためには絶対に必要なものなのです。



苦しい症状を通してこそ、病気は快方へ向かいます。



辛い症状は、治癒に必要なプロセスです。



ということは、安易に薬物等を使って症状をむやみに消すことばかり行っているとどうなることでしょうか。



お察しの通り。



治癒とは反対の方向に向かってしまいます。



治癒への自然なプロセスを邪魔してしまうと、仮に一時的に、良くなった様に見えたとしても、必ずや再燃してしまいます(現在の症状とは違う表れ方の場合もある)。



発熱、赤く腫れる、痛み、発疹が出るということは、血流が増えて身体は頑張ってくれているのです。



でも、だるくなるし、じつに不快ですよね。



しかし、こういった状態の時こそ、身体の中では必要なところに血流を送って治そうとしている反応が起こっています。



熱があるから、腫れるから、痛みがあるから、下痢をするから、身体は快方に向かうのです。



考えてみて下さい。



少し熱が上がってだるいからと、心配だからと安易に熱を抑えてしまうと、身体の正常な代謝を抑制して、身体を冷やしていくということです。




ということは、熱がなくなってしまうわけですので、本来自然に起こるべき治癒反応がなくなってしまいます。



一時的に症状を抑え込めたとしても、段々と自然治癒力の起こりにくい身体を作ってしまうことになってしまうのです。



しかし、全ての発熱や症状を放っておけと言っているわけではありません。



やたらと安易に抗生物質やステロイドをはじめ、きつい薬で症状を抑え込むことが、必ずしも身体に良いわけではないということを知っておいてほしいのです。




みなさんの健康と幸せを願って☆彡



大阪府 摂津市 千里丘 心寄整体院 院長早川より


p.s 院長の気まぐれ日記



愛くるしい後ろ姿でございます。


私は幼少期から、手水舎がすごく好きです。


神社で参拝者が、身と心を清める手水の儀を行う神聖な場所。


私は昔から『てみずや』と呼ばせて頂いておりますが、読み方は色々あります。


てみずや、てみずしゃ、ちょうずや、ちょうずしゃ。


地域によっては水盤者(すいばんしゃ)、御水屋(おみずや)とも読んだりするようです。


今では『手』を道具や媒体として活用する仕事をさせて頂いているということもあって、手水舎での禊は本当に大切にしています。


龍神様や兎様、巳様などなど、場所によってもおられる方は違っていたりしますので、ぜひ意識してみて下さいね♪


ーーーーーーーーーーーーーーー



本日もブログをご覧頂き、本当にありがとうございました。



感謝致します。




ーーーーーーーーーーーーーーー


≪身体を総合的に癒し、そして自然な状態に戻す≫




心寄整体院へお気軽にご相談下さい。



どうか、当院へ連絡するのをためらわないで下さい。



私はあなたのつらい症状を改善させて頂くために、ここに存在しています。



あなたを施術させて頂けるなら、それほど光栄なことは他にはありません。


ーーーーーーーーーーーーーーー


【お問い合わせ】


連絡先:TEL 070-1764-8108


アドレス:koyori1188@gmail.com


ホームページ:https://www.yuhuku-family.com/


ーーーーーーーーーーーーーーー


当ブログでは、健康に約立つ情報をお届けさせて頂いております(^o^)/


これからも宜しくお願いします!


※当ブログのエクササイズ等の結果には個人差があります。また、現在重度の痛みやシビレがある場合、まずは医療機関での精査が最優先です。





#症状 #自然治癒 #薬

閲覧数:32回0件のコメント

最新記事

すべて表示