top of page
  • 院長 早川

子供の成長、何に悩む

皆様、新しい年を迎えましたね(^^)



旧年を何とか無事に過ごせたことへ感謝して、今年もしっかりとお身体を整えていきましょう!



ちなみに、当院は1月4日から、通常フル回転で営業中ですw



皆様のご来院を心寄りお待ちしております。



今年もどうぞ宜しくお願いいたします<m(__)m>



さて、今日のテーマは「育児」に関すること





育児に奮闘中のママ様方から、子育てに対する悩み相談を受けることが多い。



私自身、あーだこーだとアドバイスはさせて頂くものの、実際は家事も育児も妻任せ(笑)



妻には本当に頭があがりません。

そんな私ですが、医学的な視点のアドバイスはバッチリ的確にさせて頂きますよ(^_-)



さてさて



今の時代、どの家庭も少子化で兄弟姉妹が少ないですよね。



親にとって、子供は宝。



かけがえのない存在です。



そんな大切な我が子。



保育園や幼稚園が始まってくると、どうしても他人様と比べてしまいますよね。



また、周りから色々と意見を言われたり、口出されたりして気になることが出てきてしまう。



「うちの子はちょっと落ち着きがないな・・・・・・」


「言葉の発達が少し遅れているのかも・・・・・・」



などなど



不安に思えばきりがない。



最近、ニュースで見かけて驚いた記事があります。



なんと、小学生でクラスの3割が発達障害があると。



これって、どうでしょうか?



本当の意味で、何をもって発達障害といっているのでしょうか。



落ち着きがないだけの元気な子供たちが、注意欠陥、多動性障害と名付けられて特別学級などに入れられますよね。



親はますます不安になる。



中には、自分自身を責めるご両親もおられます。

ママさん、そんなに深刻に心配しなくても、大丈夫ですよ。



自分が、お腹を痛めて命懸けで産んだ子供を信じてあげてください。



少なくとも、私のもとへご相談に来られたご家庭のお子様は、大半は何の問題もない子たちばかりです。



でも、子供たちの身体を診ていて、ある共通することに気付きました。



それは、落ち着きがないように捉えられるのには、理由があるということ。



その理由とは、代謝が抑制されてしまっている身体に活力をもたせるため、身体を動かして体温を上昇させようと我が身を守っているのです。



その子たちは、身体を動かしていないと身体だけでなくて、心も弱ってしまいます。



ちょっとしたストレスで、精神的にダメージを負い、いじめに負けたり、不登校になったり、引きこもりになってしまうのです。



実際に、落ち着きがないからと親に怒られてきたり、学校でもクラスで特別な対応を受けている子は、ちょっとしたストレスにも心が耐えられない傾向にあります。



中高で自殺未遂を起こしたお子様たちと関わっていると、幼少期の背景にそのようなことがある場合が多いです。



だからママさん、あなたのお子様は大丈夫ですから。



今一生懸命に身体を動かして、免疫力をつけているのです。



とにかく温かく見守ってあげてください。



不安に思うと、その気持ちが子供に伝わります。



お子様のチック症状は、ほとんどが親や親族の影響を受けて起こっています。



ママさん、あなたが今できることは?



まず、部屋の掃除をこまめにすること。



お菓子を与えすぎないこと。



夜は早めに寝かせること。



そして、一日一回はお子様をぎゅっと抱きしめてあげること。



当院は、子育てに頑張るあなたを応援しています。



頑張ってくださいね。



みなさんの健康と幸せを願って☆彡



大阪府 摂津市 千里丘 心寄整体院 院長早川より


ーーーーーーーーーーーーーーー

本日もブログをご覧頂き、本当にありがとうございました。


感謝致します。


≪身体を自然な状態へと癒す≫


心寄整体院へお気軽にご相談下さい。


ご縁があってここまで辿り着いた方へ。


どうか、当院へ連絡するのをためらわないで下さい。


私があなたのつらい症状を癒してみせます。


あなたを施術させて頂けるなら、それほど光栄なことはありません。


ーーーーーーーーーーーーーーー



【お問い合わせ】




連絡先:TEL 070-1764-8108




アドレス:koyori1188@gmail.com




ーーーーーーーーーーーーーーー






当ブログは、当院へご来院のお客様へ向けて、健康に約立つ情報をお届けさせて頂いております(^o^)/




これからも宜しくお願いします!




※当ブログのエクササイズ等の結果には個人差があります。また、現在重度の痛みやシビレがある場合、まずは医療機関での精査が最優先です。

閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示
Post: Blog2_Post
bottom of page