• 院長 早川

ペットボトル症候群

今日も暑いですね(^_^;)



みなさん水分補給は細目にできていますか?



夏場は、脱水症や熱中症にならないためにも、水分を摂取することはとても大切なことです。



しかし、実はこの水分補給にも落とし穴があります(+_+)



それがペットボトル症候群!!!



そもそも、【ペットボトル症候群とは?】



水分補給を目的に大量に清涼飲料水(スポーツドリンク等)を繰り返し飲むことで起こる急性糖尿病のこと。




清涼飲料水には糖分が多く入っており、短時間に糖分を過剰に摂取することで血糖値が急激に上がり様々な合併症を引き起こしてしまいます。



砂糖が多く含まれている清涼飲料水をたくさん飲むことで血糖値が上昇するだけでなく、さらに喉が渇いてまた飲んでしまうという悪循環に陥ってしまいます。



では、一般的な清涼飲料水にはどれくらい砂糖が入っているのかみてみましょう。



例えば、角砂糖で例えるとたった500mlの中に、ポカリスエットで10個分アクエリアスで8個分カルピスウォーターで18個分も入っています。



これは恐ろしい量で、明らかに糖質過多。



さらに、これらの製品には人工甘味料が入っているものも多くあります。



特に、水分補給が必要な喉が乾く日中の活動時間帯は、交感神経が優位な状態。



ということは、血糖値が上がりやすい状態なのです。



そこで、清涼飲料水でガブガブ水分補給してしまうと・・・。



身体にとって良くないことが、想像できますよね?



さらに、長期的な目でみると、血糖値が上がると電解質(身体の中のミネラル成分)のバランスが崩れるため、清涼飲料水で水分補給をしていると、かえって水分不足な状態になってしまいます。



そして、このペットボトル症候群の主な症状として



☑喉の乾き



☑たくさん飲み物を欲する



☑トイレに行く回数が極端に多くなる



☑体がだるい



☑食べても満足感が得られない



☑腹痛



☑嘔吐



☑下痢



☑肩こり



☑体重の急激な減少




などがあります。



みなさんの中にも、清涼飲料水を飲まれている方で、これらの症状でお悩みの方がいらっしゃったら、もしかするとペットボトル症候群かもしれません。



取り返しがつかないことになる前に、水分はお水かお茶で補給するように心がけましょう(^_-)



脱水症や熱中症にならないために、細目に水分補給をすることはとても大切です。



もちろん、水やお茶でも急激にガブガブ飲むのは身体に良くないことです。



意識的に、細目な水分補給が大切ですよ(^o^)/



みなさんの健康と幸せを願って☆



大阪府 摂津市 千里丘 心寄整体院 院長早川より



ーーーーーーーーーーーーーーー



本日もブログをご覧頂き、本当にありがとうございました。



感謝致します。



いいねボタン→ ♡ 宜しくお願い致します<m(__)m>




ーーーーーーーーーーーーーーー



≪身体を総合的に癒し、そして自然な状態に戻す≫




心寄整体院へお気軽にご相談下さい。



どうか、当院へ連絡するのをためらわないで下さい。



私はあなたのつらい症状を改善させて頂くために、ここに存在しています。



あなたを施術させて頂けるなら、それほど光栄なことは他にはありません。



ーーーーーーーーーーーーーーー



【お問い合わせ】


連絡先:TEL 070-1764-8108


アドレス:koyori1188@gmail.com


ホームページ:https://www.yuhuku-family.com/



ーーーーーーーーーーーーーーー




当ブログでは、健康に約立つ情報をお届けさせて頂いております(^o^)/


これからも宜しくお願いします!


※当ブログのエクササイズ等の結果には個人差があります。また、現在重度の痛みやシビレがある場合、まずは医療機関での精査が最優先です。






#ペットボトル症候群 #水分補給


閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示