• 院長 早川

ストレスは万病のもとって本当?


みなさん こんにちは(^^)



心寄整体院の早川祐平です。






私の著書も下記からぜひチェックして下さい(^_-)



肩こり、ひざの痛みはお尻ぐるぐるで消える!


https://amzn.to/36Bv7tn









前回のブログで、病気の原因はほとんど解っていないって話をお伝えさせて頂きました。

実際、当院にご来院のお客様も、医師からそのような説明や診断を受けられた方は多く、途方に暮れながら永延と治ることもない薬物を摂取されておられました。

そんな中、ご質問を頂きまして

Q:『ストレスが病気の原因ってよく言われますが、本当でしょうか?』

はい。

これは本当で間違いないです。

ストレスには、肉体的、精神的、環境的などなど、実にさまざまな種類があります。

人によって、または受ける時期や状態によって感じ方や影響力が大きく変化します。

人間は生きていく上で、ある程度のストレス=緊張感は絶対に必要です。

しかし、些細なことでも、何かしらストレスが続いて交感神経が優位な状態になってしまうと話は違ってきます。

交感神経が優位になってくると、みんな(医師たち)大好き血液検査でも変化が確認できます。

詳細は長くなるので割愛しますが、とある血球成分が異常に高値になってくるのです。

すると、その成分はある一定以上増えすぎると、身体にとって無害で必要な常在菌と勝手に戦って、化膿性の炎症をみずから起こしてしまうのです。

また、常在菌がいないところでは、組織を活性酸素で破壊します。

つまり、細菌があるところではやっつけてくれますが、敵味方関係なく殺戮を繰り返し、細菌がない場所では、その周辺組織の破壊活動を行い続けるのです。

その結果、化膿したり炎症したりと、要は病気になります。 がんも、そのようにして発生してくると私は考えています。

なので、がんの根治には、生活習慣や生活態度を改めるのはもちろん、人格さえも変えていく必要があると私は日々の臨床での経験から実感しております。

私が考える病気とは



『無理をしたことによって、知らず知らずのうちにストレスが限度を超え、交感神経が過剰に優位となり、血液成分や体内のバランスに変化が生じ、自らを自らで攻撃、破壊してしまったがゆえに起こる状態』



と勝手に定義しております。

私のオリジナル定義ですので、絶対ではありませんよ(笑)

しかし、私は長年の研究と臨床での治療経験から、このような考えに至っております。

もちろん、その時リアルタイムで個々の身体で起こっている現象や症状はさまざまだし、直接の引き金となる原因もさまざまです。

すぐに消失あるいは軽減させてあげられるものも多々あります。

けれど、全ての病気の根底には、やはり私の考えであるストレスから目を背けるわけにはいかないのです。

今後も、様々な分野でストレス解消法が大いに研究され、たくさんの有益な情報が私たちに入ってくることを期待しましょう。

それまで私は日々、天から授かったこの両手で、みなさんのストレスを取り除く仕事に従事して、この手段よりももっと素晴らしい手段が見つかるまで、世の中に貢献していけたら有り難いなと思っています。

みなさんも、ストレスとは意識的に向き合って、取り除いたり発散する方法を研究して下さいね。

みなさんの健康と幸せを願って☆彡



大阪府 摂津市 千里丘 心寄整体院 院長早川より


ーーーーーーーーーーーーーーー



本日もブログをご覧頂き、本当にありがとうございました。



感謝致します。




ーーーーーーーーーーーーーーー


≪身体を総合的に癒し、そして自然な状態に戻す≫




心寄整体院へお気軽にご相談下さい。



どうか、当院へ連絡するのをためらわないで下さい。



私はあなたのつらい症状を改善させて頂くために、ここに存在しています。



あなたを施術させて頂けるなら、それほど光栄なことは他にはありません。


ーーーーーーーーーーーーーーー


【お問い合わせ】


連絡先:TEL 070-1764-8108


アドレス:koyori1188@gmail.com


ホームページ:https://www.yuhuku-family.com/


ーーーーーーーーーーーーーーー


当ブログでは、健康に約立つ情報をお届けさせて頂いております(^o^)/


これからも宜しくお願いします!


※当ブログのエクササイズ等の結果には個人差があります。また、現在重度の痛みやシビレがある場合、まずは医療機関での精査が最優先です。





#病気 #ストレス #定義

閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示

血を洗え